国際賞

いろんなことメモ

毎日のいろんなことのメモです。

ちびっこ相撲に女の子の参加拒否。相撲協会ってかまってちゃんなのかな

相撲協会の今度のトラブルは、「ちびっこ相撲に女の子の参加拒否」です。

こんなニュース。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20180412-OYT1T50125.html

ビックリするのは

女の子が万が一けがをして顔に傷がついたりするようなことがあっては困るということで、巡業部で検討して昨年9~10月ごろに決めた。安全確保がすべてで、女人禁制とは関係ない」

のくだり。

男はケガしてもいいんか~~い。

つっこみどころ満載すぎて「ひょっとしてつっこまれるように新聞記者が記事をアレンジしてるのか?」と思うほど。
(これもありえるので最近は本当にコワい)

わたしは個人的には

・女性市長が土俵にあがって挨拶できなかったのを怒っている
→これは怒らなくていいのでは。女性市長は「・・・という慣習があるということだったのでわたしの気持ちではなくそちらの慣習を尊重させていただきました。個人的にはささいなことだと思います」とでも言っておけば懐の大きさを感じることができるのにな、と残念に思った。

・土俵で倒れた男性を、周囲にいた女性の医療関係者が応急処置した
→これを禁じるのは本末転倒だと思う。
これから土俵にあがる男性は、周囲に男性医療従事者がいることを確認したほうがいい。

・ちびっこ相撲に女の子の参加を拒否
→ちびっこ相撲に出たいという女の子がどんなに貴重な存在かわかってないんだろうか?
そもそも子供で「相撲やりたい!」っていう子の割合は少ない。せっかくやる気になってるのに門前払いとは現実軽視も度がすぎる。

と思っている。

でも、あおるように記事が書かれているようにも思う。

ちなみに一番苦笑したのは、もし事実であればだけど

相撲協会の言い訳が

「ケガしたら困るので」

ってこと。もはや笑うしかない。これで参加者が納得すると思っているセンスがズレている。
ケガして困るヤツはスポーツ、、ましてや格闘技である相撲なんかしないよ~だ

というわけで相撲協会を貶めるフェイクニュースか?と思ったほどのインパクトだったので書いてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

Page Top