嵐256の意味とは?有力な説はバレンタイン?ネット予想まとめ

嵐256の意味とはバレンタイン

嵐がインスタとツイッターで発表した「256」のカウントアップ動画。

「256」とは一体何を意味するのでしょうか?

有力と思われるバレンタイン説や、その他の説について考察してみました。

256の意味とは?有力な説はバレンタイン?

本文嵐が公式ツイッターとインスタグラムで謎のカウントアップ動画を発表しました。


「256」とは何の数字なのか?最後のボカシの意味は?

カウントダウンではなく、カウントアップになっているところも気になります。

これまでに出ている様々な考察から有力なものを考察してみました。

256時間後のバレンタイン説

動画の最後に表示される「February 2020」この上にボカシが入っているのが確認できます。

嵐256意味とは

February 2020とは「2020年2月」という意味になりますが、日付が抜けていますね。

日付は英語表記の場合「○日→○月→○年」の順番で表記するのが一般的です。

そうなると、ボカシが入っているところにくるのは「○日」の部分だと考えられます。

「256」の動画がアップされた2月4日の256時間後は14日、ちょうどバレンタインですね。

つまり、2020年2月14日のバレンタインに何かの重大発表があるのではないか?

と考えることができます。

256は活動期間の意味?

日付以外にも「256」には意味が隠されていると考えられます。

ナゾトレで有名な松丸亮吾さんがツイートしている内容がかなり可能性が高いのではないでしょうか?

デビューの1999年9月〜2020年12月までが、ちょうど256ヶ月だということですね。

256から0へのカウントダウンではなく、0から256へのカウントアップされているのも、嵐メンバーの「これまでの積み上げ」と考えると自然な感じがします。

これら2つの説を合わせると

「2020年2月14日バレインタインに、これまでの嵐の集大成が発表される?」

と考えることができますね。

スポンサーリンク

嵐256のネット予想は?

嵐の「256」の謎について、ファンの間では様々な予想がされています。

256万人動員でDVD化説

嵐のライブツアー5×20の動員数237万人と、ライブビューイングの動員数19万人を足すと、256万人になるという説です。

このことから5×20のDVD化が発表されるのではないか?というものです。

256日後にツアー開催説

256日後である10月16日か17日にドームツアーをするのではないか?という説ですね。

ただ、256日前にあえて発表する意味がどれだけあるのか?という部分では信ぴょう性は低いかもしれませんね。

個人的には上記の通り、14日のバレンタインデーに何か重大発表があるのではないか?と見ていますが、真相が気になります。

スポンサーリンク