Ray of Waterの歌詞の意味は?嵐の国民祭典奉祝曲が素敵!

Ray of Water

11月9日、天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典が行われ、嵐が「Ray of Water」という曲を歌いました!

皇后陛下も曲の最後に涙を浮かべて拭う姿が見られ、ネットでも曲や歌詞が素敵!と話題になっているようです。

そこで「Ray of Water」の曲に込められた意味や歌詞について調べてみました!

スポンサーリンク

Ray of Waterとは?

作曲は『マクロス』シリーズなどで有名な菅野よう子さんが担当し、作詞はNHKの朝ドラちゅらさんやひよっこで有名な脚本家の岡田惠和さんが担当されました。
ピアノは辻井伸行さんが担当されました。

この組曲は3部構成となっており、

第一楽章「海神」はオーケストラによる演奏

第二楽章「虹の子ども」は全盲のピアニスト・辻井伸行さんが演奏

第三楽章「Journey to Harmony」こちらを嵐の皆さんで歌いました。

この曲は、天皇陛下が大学時代から研究されている「水」がテーマとなっています

皇太子さまは、学習院大学時代から、水上交通路として重要な役割を果たしてきた瀬戸内海での水運の中世の歴史を学ばれてきた。
また、イギリス留学では、18世紀のテムズ川の水上交通の問題を研究されている。
交通史から始まった「水」の研究を続けた皇太子さまにとって、「水問題」は避けられないテーマとなったのではないだろうか。
引用:FNNPRIME

天皇陛下は昨年5月にも水問題をテーマに日本を訪問されておりました。

「水問題」というご研究のテーマは、衛生、環境、争い、災害へと広がり、発展持続可能な社会つくりために水問題と向き合うことの重要性を訴えてられている。
この「水問題」については終生研究を続け、日本だけでなく世界の平和と発展を祈ることへと続くテーマとなるだろう。
引用:FNNPRIME

今回はその「水」をテーマに3部構成の曲が新たに作られたのですね。

スポンサーリンク

Ray of Waterの歌詞が素敵!

ネットでも「Ray of Water」の歌詞が素敵!と話題になっているようです。

Ray of Water

「大丈夫 大丈夫」と繰り返す歌詞が印象的な素敵な歌詞ですね。

歌詞はこちらのサイトで現在公開されています歌詞全文はこちら

今回の奉祝曲は歌詞が公開されていますので、後からじっくりと見直すことができますね。

まとめ

「Ray of Water」の曲に込められた意味や歌詞について調べてみました。

奉祝曲を歌うために、嵐はこれまでずっと練習を重ねてきたのでしょうね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク