市販類似薬とは?花粉症薬・風邪薬・シップも!保険対象外の薬まとめ

保険対象外になる薬

政府が市販類似薬を保険対象外にする方向で調整をしている、というニュースが入りました。私たちにとって大変身近な問題ですので気になりますね。

保険対象外となる市販類似薬とはどんな薬なのでしょうか?

対象となる市販類似薬をまとめました。

スポンサーリンク

市販類似薬は保険対象外

政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。
引用:liverdoornews

ドラッグストアなどで買う薬は全額負担ですよね。それに対して、病院でもらう薬は、保険対象なので自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われています。

この税金で賄われている医療費を抑えることが目的で、今回の調整に入ったとのことです。

12月中旬にまとめる中間報告に盛り込むことを検討しており、来年以降、随時進めていきたい考えだ。
引用:liverdoornews

来年以降から実施を検討しているとのことで、どんな薬が保険対象外となるのか気になります。

スポンサーリンク

市販類似薬とは?

市販類似薬とは、どんな薬なのでしょうか?

一般の人が薬剤師などのアドバイスのもとに薬局やドラッグストアなどで購入し、自分の判断で使用するくすりです。市販薬、大衆薬、OTC(over-the-counter drug)などとも呼ばれます。
引用:医薬品医療機器総合機構

成分の種類や含有量が比較的安全とされ、誰にでも使いやすいように工夫されたものが市販類似薬として売られています。

つまり、安全性の観点から、病院でもらう薬よりも成分の含有量が少ない薬もあるということですね。処方薬よりも副作用の心配が少ないというメリットもあるようです。

保険対象外の市販類似薬はどの薬?

政府が保険対象外として考えている市販類似薬はどんな薬なのでしょうか?

花粉症の薬

花粉症は「日本人の国民病」とも言われ、国民の4割が花粉症というデータもあります。

花粉症の時期になると、病院で花粉症薬を貰う方も多いと思いますが、この薬が保険対象外で全額負担となると、かなりの経済的負担が考えられます。

風邪薬(総合感冒薬)

風邪はわたしたちにとって、大変身近なものです。早く治したいと思って病院で薬を貰う方も多いと思います。

冬の時期になるとインフルエンザとの見分けがつきにくいため、その判断のために病院に行かれる方も多いと思います。

インフルエンザではないと判断された場合、全額負担となると考えると、経済的負担が気になりますね。

シップ(湿布薬)

シップ(湿布薬)は腰痛やリウマチなど痛みを伴う方が痛み軽減のために処方されることも多い薬です。

シップが保険対象外になると困る患者さんは大変多くなることが予想されます。

漢方薬

漢方薬は病院によっては処方薬と同じように出すところも増えてきましたよね。

また、患者さんの体質によっては西洋薬よりも漢方薬の方が合っているという場合もあると思います。

漢方薬は西洋薬よりも長期に渡って毎日飲むものが多い薬なので、これが自己負担になると困る方は多いですよね。

皮膚保湿剤

皮膚保湿剤は「ヒルドイド」が有名ですが、皮膚の乾燥を和らげて保湿する目的で出される軟膏やジェルのことですね。

アトピーや皮膚の病気で、皮膚保湿剤を使用している方も多い薬です。また、皮膚保湿剤は毎日使用することが多いため、処方量も多い薬です。

まとめ

政府が保険対象外として考えている市販類似薬をまとめると

  • 花粉症薬
  • 風邪薬(総合感冒薬)
  • シップ(湿布薬)
  • 漢方薬
  • 皮膚保湿剤

ということがわかりました。

保険除外の対象として想定しているのは風邪薬や花粉症治療薬、湿布薬、皮膚保湿剤、漢方薬などの軽症薬という報道ですが、これらは一概に「軽症」と言えるものではなく、今後の検討を慎重に進めていただきたいですね。

スポンサーリンク