鈴木杏樹の夫・山形基夫の死因や病名は?Zip放送中の訃報で衝撃!

鈴木杏樹夫死因

鈴木杏樹さんの夫は2013年に享年56歳でこの世を去っています。

死因や病名などはどのようなものだったのでしょうか?

鈴木杏樹さんの夫である山形基夫(やまがたもとお)さんの情報について調査して見ました。

スポンサーリンク

鈴木杏樹の夫・山形基夫の病名や死因は?

鈴木杏樹さんの夫・山形基夫さんは外科医師の方です。

山形基夫
名前:山形基夫(やまがたもとお)
生年月日:1956年5月18日
年齢:享年57歳
職業:外科医師(駿河台日本大学病院外科部長)

医師としてテレビ出演などもしており「ガンの権威」として紹介される程の名医として知られていました。

鈴木杏樹さんと結婚したのは1998年6月、なんと交際4ヶ月でのスピード婚

そして二人の出会いは患者と医者という関係だったことでも話題になっていましたね。

鈴木杏樹さんは腸閉塞の病気を患い手術をした過去がありましたが、その時の手術を担当したのが夫である山形さんだったそうです。

夫婦で料理をするなど仲睦まじく暮らしていましたが、結婚15年目に当たる2013年に山形さんは病気でこの世を去ってしまいます。

病名は「肝疾患」と言われており、肝臓の移植手術をするためアメリカのボストン病院で闘病生活をしていたようです。

移植が必要な程の肝疾患ということは、かなり重度のものだった事が伺えますね。

スポンサーリンク

Zip放送中の訃報で衝撃!

当時、鈴木杏樹さんは朝の情報番組「Zip!」の生放送に出演されていました。

鈴木杏樹夫Zip

なんと、この放送の当日朝に鈴木杏樹さんは山形さんの訃報を聞いたそうです。

普段と変わらない様子で気丈に本番をこなしていたと言われていますが、その胸中はかなりお辛かった事と思います。

番組終了後、すぐに国際電話をかけると病院の先生が山形さんの耳元に受話器を当ててくれたそうです。

意識がない状態でしたが「声を掛けてやってくれ」と。掛けて間もなく亡くなりました。その先生が「ちょっと笑ったような感じがした」と言ってくれて、それが胸に来ました。
名前を呼びかけました。とっても感謝をしているので「ありがとう」と言いました。本当に病気と闘うのを頑張っていたので「頑張ったね」とも言いました。
引用:日刊スポーツ

胸が締め付けられるようなエピソードですね。

意識がなくても、鈴木杏樹さんの言葉はしっかりと山形さんに届いていたのではないでしょうか。

放送終了後、鈴木杏樹さんはすぐにアメリカに駆けつけたそうですが無言の対面となってしまいました。

周囲の方によると、山形さんの人柄は「自分のことよりも患者さんのこと考えてくれる人だった」そうで、本当に素晴らしい旦那さんだったのだなと思います。

二人の間にお子さんはいらっしゃらなかったようですが、享年57歳という若さで夫を失くすのは、本当にお辛いことですよね。

2020年現在、鈴木杏樹さんは独身で、再婚などはしていないようです。

鈴木杏樹さんは今も女優として幅広くご活躍されています。今後も応援を続けて行きたいですね。

スポンサーリンク