【テセウスの船】榮倉奈々の特殊メイクが衝撃!担当者は誰?【画像】

テセウスの船榮倉奈々の特殊メイク

竹内涼真さん主演「テセウスの船」では、母親役である榮倉奈々さんの特殊メイクが話題になっています。

とても重たいテーマのシリアスなドラマだけに、特殊メイクを施したシーンでは違和感を感じる視聴者も多かったようですね。

どんな特殊メイクだったのでしょうか?老け画像やメイク担当者についても調査してみました。

スポンサーリンク

【テセウスの船】榮倉奈々の特殊メイクが衝撃!

テセウスの船での榮倉奈々さんの特殊メイクがこちらです。


竹内涼真さん演じる田村心の母親・和子役として榮倉奈々さんが出演されています。

ドラマの主な舞台は1989年ですが、2020年のシーンから始まったこのドラマ。

主演の竹内涼真さんがタイムスリップするという設定の為、榮倉奈々さんが31年後の和子を老け顔の特殊メイクを施して演じています。

しかし、やりすぎ感のある特殊メイクは違和感があり、ネットでは話題に。


「コント」「笑いそうになる」という声も多数みられます。
シリアスで重いテーマを扱っているドラマだけに、これは気になりますよね。


2020年の和子役は、榮倉奈々さんではなく他の役者さんでは出来なかったのでしょうか・・・


このドラマは「榮倉奈々さんや鈴木亮平さんが特殊メイクをする」という点もドラマの見どころとしてあったのかもしれませんが、ちょっと違和感がありますよね。


榮倉奈々さん演じる佐野和子は、殺人犯の妻として心労が重なり精神を病んでしまう役どころです。

世間に背中を向け、下を向いて31年間生きてきた人間の顔ということで、特殊メイクもその心労が前面に出るように強めに施されたのかもしれませんね。

確かに覇気がなく、顔色も悪い不幸そうな老人の顔にはなっているのですが・・・

スポンサーリンク

【テセウスの船】特殊メイク担当者は誰?

テセウスの船の特殊メイク担当は、江川悦子さんというメイクアーティストの方です。


特殊メイク界のパイオニアで、ハリウッド映画でもご活躍されています。

日本のドラマや映画も数多く担当されており、その経歴はすごいものです。

  • 花子とアン(吉高由里子)
  • マッサン(玉山鉄二)
  • 半分青い(中村雅俊)
  • 篤姫
  • おくりびと
  • 天地人


鈴木亮平さんの特殊メイクもどのようなものになるのか、今後が気になってしまいますね。

スポンサーリンク