Twitterアプリが強制終了!開けない・落ちる不具合の対処法は?

twitterアプリ開けない起動しない対処法

2020年1月21日にAndroidのTwitterのアプリバージョン8.28.0が更新されました。

最新バージョンに更新するとTwitterアプリが強制終了する、開かない、落ちるという不具合(バグ)が発生しているようです。

Twitterアプリが起動しない場合の対象法についてまとめました。

スポンサーリンク

Twitterアプリ更新で強制終了の不具合が発生

1月21日のTwitterアップデートで更新すると起動しない不具合が発生しています。


アプリを起動すると青い背景が出るが、すぐに待ち受け画面に戻ってしまうというものです。

ちなみにこれはAndroidアプリだけに発生している不具合で、iPhone版Twitterアプリでは正常に動いているようです。

Twitterのブラウザ版であれば、Androidでも閲覧は可能です。

自動更新の設定をしていると、すでに問題のバージョン8.28.0になっている可能性がありますので、問題が発生する場合は、以下の方法で対処法を試してみてください。

スポンサーリンク

Twitterアプリの不具合の対処法は?

現在わかっている対処法についてご紹介します。

※一部データが消えるなどの声もありますので、こちらの応急処置は自己責任でお願い致します。修正された次期バージョンまで待つという方法もひとつです。

①Twitterアプリのストレージ削除

「ストレージ削除」という方法でアンインストールしなくても不具合を解消できる方法です。

ログイン情報は保たれているので、再度の設定は必要ありません。

ストレージ削除は、端末内のデータを消すことで、Twitterサーバー上にアップされた自分の過去のツイートやDMが消えることはありません。

やり方は、Androidの「設定」から「アプリと通知」をタップ。

その中からTwitterアプリを選び「ストレージを削除」というボタンをタップすればOKです。

②Twitterアプリの再インストール

ログイン情報などをもう一度入れ直す必要がありますが、アプリを再インストールする方法もあります。

Twitterアプリをアンインストールしてから、もう一度アプリをインストールする方法です。

バージョンは8.28.0ですが、これで不具合が解消されたという報告もあります。


ツイッター公式では最新バージョンにアップデートしないようにコメントしていますが、自動更新の設定をしている人も多いですよね。

修正バージョンの早期リリースを期待したいですね。

スポンサーリンク