ヤフーとLINE経営統合でLINEPayはなくなる?PayPayと統合か

ヤフーとLINE経営統合

孫正義社長が率いるソフトバンクグループのヤフーとLINEが経営統合に向けて調整しているという驚きのニュースが入ってきました。

この大手2社の統合により、LINE Payはなくなるのか?Yahoo Japan IDとLINE IDはアカウント統合するのか?気になる話題を調査してみました。

スポンサーリンク

ヤフーとLINEが経営統合

孫正義社長が率いるソフトバンクグループの子会社「ヤフー」と無料通信アプリを手掛ける「LINE(ライン)」が経営統合に向けて調整していることが13日夜、わかった。買収も視野にあるとみられる。
引用:Yahooニュース

日本人なら誰もがお世話になっているヤフーとLINE。この二つの会社が経営統合というビッグニュースはかなり衝撃です。

東証1部に上場しているLINEの時価総額はおよそ1兆1000億円で買収となれば大型の案件になり、実現した場合にはIT業界の勢力図が変わることになりそうだ。
引用:Yahooニュース

これが実現すると、私たちの暮らしにはどのような影響があるのでしょうか?

スポンサーリンク

LINEPayはなくなる?PayPayと統合?

電子決済分野では、現在Yahooが「PayPay」、LINEは「LINE Pay」を展開しています。

ソフトバンクといえば、先日ヤフオクドームからペイペイドームへと名称変更を発表したばかり。

このため「PayPay」のブランドはなくならないと見るのが自然です。

今回の経営統合により考えられるのは、業界1位である「PayPay」が「LINE Pay」を吸収し、「PayPay」が日本の電子決済1強として展開することが推測されます。

2019年現在、スマホバーコード決済は、PayPay、LINEPay、楽天ペイの3強と言われており、その中でトップをとっているのがPayPayとなります。

電子決済シェア

サービスの利用頻度について「1週間に1回以上利用する」という回答は、各サービス別で「PayPay」が73.0%、「LINE Pay」が65.0%、「楽天ペイ」が63.0%、「メルペイ」が54.0%、「au PAY」が51.0%、「d払い」が47.0%。利用頻度が最も高い「PayPay」は、利用者の約7割が1週間に1回以上利用していることが分かった。
引用:ITmedia

PayPayのシェアとLINE Payのシェアが統合された場合、電子決済分野ではライバルにとって大変な強者となりそうです。

もしPayPayへ統合となった場合は、LINE Payの残高をPayPayに移行させて統合されると推測されますが、公式のアナウンスはまだ出ておりませんので、続報が気になります。

Yahoo!Japan IDとLINEアカウントは統合?

皆さんも一つは持っているYahoo Japan IDとLINEアカウントですが、こちらの個人情報についても統合が行われる可能性は考えられます。

YahooはTカードとのアカウント紐付けも既に行なっており、今度はLINEとも統合となると、その個人情報量は膨大になりますね。

Yahoo Japan IDでログインしてLINEを使う日がいつかくるのかもしれません。

最近はあらゆる場面でYahoo Japan IDと紐付けする媒体が増えてきましたので、Yahoo Japan ID一つでできることがどんどん増えていきそうです。

スポンサーリンク